読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も頭がイタい…

会社を飛び、干された経験を持つ社会不適合の話です。

思考にもやがかかっている感じなんです…

ナルコレプシについて、何か思うことがあったので、久々に書きます。

病気と診断されて、早10ヶ月が経ちました。

今のところの病気の経過具合と僕の症状について、まとめていこうと思います。

常に襲う強烈な眠気

まず、初めにナルコレプシという病気を聞いて、知っている!

という人は、このことをはじめに考えるだろう。

早い話、常に眠い…

というより…

常に、徹夜明けで頭がぼーっとしている状態が多い…

という表現の方が正しいだろう…

この状態を個人的に、半覚醒状態と呼んでいる。

そこに、酷い時には、2,3時間置きに強烈な眠気が襲うという事だ…

ここで僕の症状をまとめる。

基本的に寝坊はしない。

これは、意外と思われるかもしれないが…

寝坊はしない…

睡眠系の秒病気だから起きられないのだろうと直感的に思う人が多いと思うが…

寝坊はしない!

むしろ寝起きはいい!

よほど疲れていないとき以外は、目覚ましをセットした時間より早く起きる…

もし遅刻することがあるとしたら疲れ切っていて、体が動かないか…

通勤中に体調が悪くなり、休んでいるなど、寝坊以外の場合だ。

ちなみに、社会人になって、寝過ごした理由で遅刻したことはない…

一社目の時に会社がいやで、出社したくなくて、職場付近で現実逃避していたらり、行きの電車で体調が悪くなって、遅刻したことはあるが…

基本的に一社目以外で遅刻したことはないです。

逆に問題は家を出てから…

この病気、行きの電車で急激に眠気が襲ってくることがある。(今はない…、昔はブラック企業でろくに寝れていなかったので、最悪の状態がこれという事だ…)

それでも、薬を服用している今でも、午前中、出社直後から眠気に襲われることは多い…

なので、僕は基本的にブラックコーヒーを一日(6,7杯)飲む日々だ。(健康には悪いだろうが…)

肝心の半覚醒状態が今回の話なので最後に回します。

他の症状として

睡魔に襲われているときは、幻聴が聞こえる時があります。(これは個人差があるようで、幻覚の方が症状として多いようです。)

で、半覚醒状態の説明…

冒頭で書いたように、端的に書くと、徹夜明けで頭がぼーっとしている状態と例えればいいと思う(僕は、徹夜明けしてもあまり症状が変わらないので、予測で書きますが…)

そして、それに合わせて昼間耐え難い頭痛に悩まされるとき多し…(そういえば、一年前ぐらいにナルコレプシのお子さんを持つ方とやり取りしたとき、頭痛はありませんか?と言われたな…、今ならわかります。あります。)

あとこの時は、思考が途轍もなくマイナス思考になります。

「頭が働かない…→仕事できない→回りからの評価を気にして→ストレスたまる…→頭が働かない→…」などの悪循環に陥ります…

あと、この半覚醒状態、僕の体調だと、恐らく季節が関係しているものだと予測されます…

何故なら、1~5,6月までは割と元気で、ここまで頭痛はなかった…

この半覚醒状態のときはあとのぼせる状態に個人的に近いと感じている…

兎に角、頭が熱い…

耐え難いほど暑い…

なので、7月ごろから頭に耐え難い暑さを感じたので、熱さまシートと氷枕などを職場の冷凍庫に入れて使っている。

熱さまシートは、一日2,3回張り替えている…

ちなみに、のぼせるんですよと医者に相談しても、個人差がありますという回答だったので…(僕特有の症状みたいだ…)

ちなみに、医者に半覚醒状態の相談した時は、「それはそうです。ナルコレプシは眠くなるなのではなくて、睡眠のスイッチがうまく散り変わらない病気ですから!」と言われた。

そういわれると納得する症状である。

なので、夏に半覚醒状態が起きるのは、夜、熟睡できていないことが原因だと思われる…

7月から半覚醒状態が続く日々

半覚醒状態の時の仕事…

思考が全く働かないので、仕事どころではない…(正直…)

次に、体が異様に怠く、物事が何でも煩わしくなる。

学生時代、友人に学習能力がない!と言われたことがあるが…、学習したことを反映できるだけの余裕が脳みそのリソース残っていないのだ…

さらに、思考が働かないので、上司の指示が聞いても入ってこない…

というか、話の内容を文レベルで、短期記憶できない…(というのがただしいと思う…)

そして、一番きついことは、眠ろうと思っても寝れないところなのだ!

今の職場では、病状から仮眠が許されている…

そこで、半覚醒状態を打破しようと、寝ようとする(ちなみに医者には職場で寝れるなら無理してでも寝ろと言われた。)

だが、寝れない…

ということで、辛くなるのだ…

8月は、ほんと申し訳ありませんとしか言いようがなかった…

上司に事情を話して、病気が病気なんだから、体調が悪いときは、早く相談して早退しましょう…

ということになった…

ほんとに、上司に頭が上がらない…

来年からは、夏に備え、夏はタスクを軽くして…、有給を消化するように心がけます。

というのが最近の話である。

思考が働かなくて理解されないことが辛い…

以前の職場(二社目)で、なんでわからないの?

と言われた時に、「思考にもやがかかっている感じなんです…」と返して、上司がとても困ったことを思い出した…

そうだよな…

あと他に例えるなら「教えられた情報や文字を認識できない状態、頭の中に映像とか文章とかが蓄積はされるけど、ずっと処理待ち」のような感覚である…

なので、周りからなんでそこまで、道筋わかって、できないの?

とよく不思議がられる…

で、9月は

とりあえず、上司にすぐ相談して、様子を見ていこう。

というスタンスにしました。

で、仕事ができない自分にとても悲しくなる…

とりあえず、なにか結果を出さなくてはと思う最近です。(ほんとに会社に感謝です…)